Sad woman with tissues

常用しないことが大切

a young girl is sadness when hearing phone

デパスは心を穏やかにしてくれ、ぐっすりと安眠させてくれる万能な薬ですが、長期間服用を続けていると効果が薄れてしまうこともあります。いざという時の御守り、ということで本当に辛い時だけ服用するようにしましょう。

万能だからこそ注意したい

a woman holding a bag contain pills

デパスは即効性に優れ、効果も高いからこそ、依存性の高い薬でもあります。デパスをやめようとしても、禁断症状として身体が震えたり、イライラが止まらなくなったり…。服用する時は用法用量を守るようにしましょう。

通販なら病名がつかない

many white blister packs on the floor

デパスは、本来なら病院でしっかりと医師から説明を受けた上で服用して欲しいですが、病名がつくと困るという人は通販で購入してみてはどうでしょうか。24時間いつでもどこでも注文できるのでとても便利ですよ。

心のSOSサインかも?

a man worry about his work

日本はストレス社会と揶揄されることも多く、年間に何万人もの人が自ら命を絶っています。
「死にたい」とまではいかなくても、夜寝る前に、「このまま目覚めなかったらいいな」なんて考えたり、
ふいに「消えたい」と思う人は少なくないんではないでしょうか。
私はこれまでに自律神経失調症と適応障害になったことがありますが、どれも悪化してしまえば最終的にうつ病になってしまうんだそうです。
自律神経失調症は、自律神経のバランスを整えることができれば治りますし、適応障害はある特定の原因から離れれば自然に治ります。
ですが、うつ病まで悪化してしまうと極端に治癒が遅くなってしまうんです。
一度うつ病になってしまうと何年も付き合っていかなければならない人もいるんだそうです。
大切なのは、うつ病になってしまう前にこれ以上悪化するのを食い止め、改善することです。
私が自律神経失調症になった時も、適応障害になった時も、まず始めに異変を感じたのは「睡眠」でした。
最初は眠ってしまったらまた明日が来てしまうという事実を受け入れられずに、夜更かしをしていたんですが、
そのうちベットに入っても眠れなくなってしまったんです。
最近なんだか眠れないな、と感じたら、デパスの服用をおすすめします。
私も病院で処方されて暫く飲んでいましたが、夜寝る前にデパスを飲むとなんだかお風呂上りのようなまどろみを感じ、
いつの間にか眠っていた、ということが多くなりました。
うつ病になってしまう前に、デパスで不眠症を改善していきましょう。